しあわせはどこにある

私の中学生時代の恩師が岐阜でペンションを経営していると友人から聞きました。


色々と問題の多かった中学生時代… (全て自律神経失調症という言葉で片づけられていましたが)


その先生の存在は、私にとってとても大きなものでした。


その話を聞いてからずっと、

いつか家族で先生のペンションに伺いたいと思っていました。


”いつか” って いつかなー。

目の前にそれが浮かんだ時にパッと動く瞬発力が高くなったというか。 パソコン作業しながら、やっぱりいきたいなーと考えていたら指がペンション名を検索し、 電話番号が目に入ったと同時に電話をかけていました。

「先生と話したい」

というシンプルな気持で指が動き、具体的に伺う日程の調整までして電話を切りました。


これまで具体的に計画を立てるわけでもなく、そのいつかをただ待っていたような気がします。

今年に入って、自分の中で「いつか」を「今」やるの?やらないの?

と問いかけるようなマインドに変わってきているなーと感じていて。

本人が特にそう意識しているわけでもないのだけれど、

レーシックもそれこそ8年以上悩んでいたのに年が明けた途端急に「やろう!」と思い決行。

で、冒頭の恩師のペンション。

会いたい。

よし、会いに行こう。

色々と頭の中と現実のリンクするスピードが速まってきたなぁと感じています。

で、改めて先生にメールを書きながら、家族写真を送ろうと写真を見ていたら出てきたこの写真。



なんて油断した表情&状態なんだろう~とか、

我が家が、ワンコを含む家族にとってこんなふうにリラックスできる場所なら幸せだな~とか、


写真を見ながら「家」というものがとても幸せな日々の入れ物であることをしみじみと感じました。


このね、横っちょにある紙に書いて作ったぺらっぺらの剣とか。

過ぎ去りし日の子供たちとの日常のちょっとしたことを懐かしんだり

それだけでももうなんだかこみ上げるものがあるって・・・なんなん(笑

あー、子育て中のかぁちゃんの心理っておもしろい・・・。

子育ては終わりがない。

そう思うと、こぼれて行ってしまったものばかりに目が行ってしまって、

上を見ればきりがないけれど

いい事ばかりでもないこともあるけれど


けど、この時期は今だけ。


あれもできたなぁ、これもできたなぁ、とか。

ええー、マジか・・・と思うようなこともあるけれど。

この世にあるあらゆる物事は自分自身の捉え方次第で

そのどの面を見るか、というのは自分自身が選択できる。

人生はとてもおもしろい。

会いたい人に会いに行こう。


会える、ということは、この上ない幸せなことだと思うから。

相変わらずの調子でやっていきたいと思います。

さ、ワンコの病院いってきまーす。

0回の閲覧
dearestasis
  • Instagram
  • Twitter
  • グレーFacebookのアイコン
  • Pinterestの - 灰色の円

 Copyright © 2019 dearestasis,  shimomurasanami  All Rights Reserved.